2005年12月10日

話題の新台!?

来週いよいよスロット復刻シリーズの王道登場

その名も

アラジン2エボリューション

が登場(実に5作目)

しかし正直…初代からのマニアの方に言わせれば

しょぼい(ノд`)シクシク

こんなお声が聞こえてきそうである。しかしその時代、時代で支持を受けてきているアラジンシリーズ、今のプレイヤーにどう受け入れてもらうのか楽しみである。

またそんなビックネームの新台である為、当店はまた導入遅れるのかと思いきや今回はTOPにて12/12登場ダス(ノ´∀`)ノ ワソーイ♪

それでは簡単におさらいしますか。ちなみにオイラは2作目の『アラジンU』から触らしていただきましたなり

<初代アラジン>1989年登場
初代アラジン.jpg

正確に言えばニイガタ電子精機の2号機として登場!
ひとたびアラチャンに突入すれば
パンク確率全設定1/753(←パンクしね〜べ)またはビックを引くまで継続される代物
ビックも全設定1/409.6なのでこの時ばかりはビック来るな〜!!!!
と打っていたに違いない
ちなみに平均アラチャン継続ゲーム数は265ゲーム
そして今回のアラジン2エボリューションの特別復刻版パネルにも採用されています。

<アラジンU>1991年登場
アラジンU.jpg


ここからがオイラもプレイヤーとして必死こいて遊ばしてもらったヤツです。
はっきり言ってこの『アラジンU』はさまざまな、○物がありある意味全種類制覇なんて無理(別名ハ○スモノ)
なかでも多分有名なのが貯○方式と言われた物かな(あくまでも個人見解)
ちなみにパンク確率は1/218〜1/299で構成されているがこんなものはあくまでも参考程度
とにかくスベッてくるあのチェリーに一喜一憂し、アラチャン来たのか来たのか
もう大変(゚д゚;三;゚д゚)

<アラジンマスター>1995年登場
アラジンマスター.jpg

この頃は4号機に突入しており、集中搭載機はいかんせん爆発力に欠けていたイメージをまたしても『アラジン』という名で払拭した、4号機のACタイプの筆頭でしょう。
通常のボーナス確率を極限に低く抑えその分集中パンク確率を4号機規定ギリギリまで高めた機械、その当時の機械でビック確率は全設定1/431である(今では見慣れましたがね)
しかしこの機械はではかなりやられた…というより大爆発を経験していない、目撃は多数あり

<アラジンA>2002年登場
アラジンエース.jpg

さぁこれはスロット市場を一撃万枚やら最高○万枚等いろんな意味で席巻していた頃に満を持して登場!アラジンシリーズ初非集中機しかしAT(アシストタイム)機能というとてつもないコイン純増機能搭載のマシーン、説明不要でしょうね

そして2005年12/12
<アラジン2エボリューション>
アラエボ.jpg

どんなプレイヤーの反応を受けるのか、今回も非集中機そして現在スロットのスタンダートタイプのST機…さぁ入替は12/11スタッフ残業じゃ!ぶん回していくべ!

ピ・ポ・パ・ポ(←これをあのイントネーションでいう人はもちろんアラジン経験者)

登場まであと3日




posted by 猫背巨人 at 03:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。